国際恋愛 •••出逢い④ 偶然!•••

 

私の28歳の誕生日前日の金曜日夜.

 

 

年上音楽彼が家に来てくれて

お祝いしてくれてました.

 

 

 

めんどくさいなぁ…

 

 

 

 

束縛や嫉妬も激しい人で

好き好きーってやってないと拗ねる、めんどくさい男だったらので、

私のめんどくさいなぁが伝わらないように気をつけるのがものすごく面倒で、まーとにかく楽しくは無かった思い出.

 

 

 

次の日の朝、私は仕事に向かう.

この日が私の誕生日.

 

 

 

 

クリスマスが近いので、

仕事柄、お配り用クリスマスプレゼントのお菓子ギフトバックを大量に持ち

電車を待ってました.

 

 

 

 

 

眠い…ダルい…なんか憂鬱…

 

 

 

 

 

あ!電車来た…仕事行きたくないなぁ…

 

 

 

 

電車が止まり

私が乗るドア…

ルーク先生が立って居る!

降りる準備をしていた!!!

 

 

 

 

 

 

ドアが開き、ルーク先生もわたしに気がつく!

 

 

 

 

 

👱🏻‍♂️『これから仕事?』

 

 

👩🏻『そう!ルーク先生は?てか、びっくりした!』

 

 

『なんて偶然!僕土曜日はここの教室だから、これから仕事だよ』

 

 

『朝早いね!』

 

 

『君も君で朝早いじゃん!ところで、そろそろ英会話スクール辞めちゃうの?』

 

 

 

…この頃、英会話に通い始めたキッカケの両親とのアメリカ旅行を待つ事なく、地区リーダーになる予定=昇進し、私の仕事が忙しくなり英会話を辞めなきゃいけないかも?と受付のお姉さんに話していました…

 

 

 

 

『そうなの…ルーク先生のレッスン気に入ってたから、残念ー』

 

 

 

 

と、ここで電車のドアが閉まるアナウンス、

あーまだ話したい!ルーク先生も電車乗らなくていいの?次の電車でも仕事間に合うから大丈夫!僕も早めに来ちゃってコーヒーでも飲もうかと思ってたから…と曖昧な感じでごちゃごちゃ会話して、電車を見送る.

 

 

 

次の電車まで10分位.

ずっと話してた.

 

 

 

英会話スクールを辞める経緯や

ルーク先生の居住地やシフト、年末年始の過ごし方について話をして

余分に作ってた、お配り用クリスマスプレゼントのお菓子バッグを渡して

じゃあまたね!(もうその年はレッスン無かったので)来年のレッスンで会いましょう!

 

 

 

とサヨナラ.

 

 

 

 

 

なんだかとっても嬉しくて楽しくて

しかも、誕生日🎂に偶然にも会えた事.

 

 

 

 

 

 

すっごく嬉しかった.

 

 

 

 

 

 

来年まで会えない、長いなぁ…